愛知県の方言を考える

愛知の方言を浅く考える。

愛知の方言が皆、河村たかし氏のような喋りだと思われてしまう事への違和感。

そこで、愛知の方言を浅く考える事にしました。 

誰も興味すらない愛知の方言。まぁ、見てかっせ^^

 

尾張系

一宮弁 

瀬戸弁 

名古屋弁

知多弁(三河弁に近い)

常滑弁

 

 

三河系

三河弁 

三河南西部弁 

東三河弁

豊橋弁

 

 

 

 

例えば「行かないか?」

一宮弁 イカヘン?

瀬戸弁 イコマー?

名古屋弁 イコミャー?イカーセン?

三河弁 イコマイ?

三河南西部 イカァーヘン? イコマイ?

三河南東部 イカーヘン? イコマイ? イカマイ?

 

 

かなり愛知はバリエーションあるよ。

 

また、名古屋弁は皆さんご存知のあのイントネーション。

三河弁は怒ったよーな武骨なイントネーションで喋る。

 

最近、西三河の若者がねちっこい喋りをするようになってきとる。

昔の怒鳴ったよーな喋りはもう消えて無くなるかもしれん。

 

 

 

「りゃ~す」「りゃー」「みゃあ」「きゃあ」 は典型的な名古屋弁。

「みゃ」「りゃ」「にゃ」「きゃ」「ちょ」は名古屋市周辺の言葉で、

三河地方では全く聞かない。

「でら」は三河でも北西部で最近使うらしい。

 

「りん」「きん」「みん」「だら」は三河弁。

これん加えて「らー」と「だに」と「に」は東三河弁。

りん、きん、みんの使い方は、広島弁などと同じなのだが、

後につける言葉が違う。

食べりん。座りん。立ちん。など、「さい」を語尾に付けない。

「食べりんよー」などとも言う。

本来は女性の言葉。

 

東三河ってなんで「だに」とか「に」とか「ラー」。

「ぞん」も「のんほい」も、

名古屋も西三河も使わん。

 

 

「なんとかだがん」「なんとかかしゃん」は

愛知のドコ行っても聞くよーな気がしとる。

「やっとーせん」=名古屋弁

「あーせん」=名古屋弁

「来たで」=名古屋弁

 

「やっとーへん」=三河弁

「あーへん」=三河弁

「来とるよ」=三河弁

 

三河の若い人は「へん」を使わんくなってきとる。

おんしゃあ、知っとたかん(笑)。

 

「心配しんでいいよ」

本来「せん」が正しい愛知弁だと思っとったが

三河では「しん」も昔から使っとったらしい。

自分の地元では両方使う。

 

「遊んどる

三河は頑なにこの表現を使う。

尾張は「遊んでる」もよー使うように思う。

 

 「つる」は名古屋弁。

三河では通じんよ。

 

「おこじんさん」は愛知に限らずかなり広範囲で使う言葉らしい。

 

「お値打ち」今や全国区? 

 

「しゃびしゃび」三河ではあまり使わんようですね。

 

「じゃじゃぶり」でももーやんだよ^^

 

「ジョーかった?」愛知全体?

 

「こそばい」愛知全体?

 

「やぐい」 愛知全体?

 

「ややこやしい」愛知全体?

 

「のん」三河全体で使われとったが、今は東三河のみ。

 

「ケツカル」尾張? 三河地方では聞かない。

 

「カンス」尾張のみ。尾張地方でしか聞かない。

 

「ええとこ」ええとこの子 愛知全体で使う。三河では「いいとこ」

 

「おぶくさん」 愛知全体で使う。

 

「こすい」三河では使わんかも?。

 

「ぬくとい」 愛知全体で使う。若い世代が使わんくなってきとる。

 

「のーなる」若い世代が使わんくなってきとる。特に三河。

 

「よーけ」 若い世代が使わんくなってきとる。特に三河。

 

「どべ」 尾張から西三河まで。東三河も使う?。

 

「でんしんぼー」愛知全体で使っとるよ。

 

「えびガニ」おるかん。「ザガニ」おるよ。

 

「おんしゃあ」「おんし」「おまん」三河弁。

最近の西三河人は使わん。

 

「さばくる」愛知全体で使っとるよ。

 

「ちょ」名古屋弁。

 

「だら」三河弁。

 

「だが」名古屋弁。

 

「おおきに」上方名古屋弁と常滑弁。

 

「だが」「だら」は愛知弁の象徴的な言い方だと思う。 

「だぎゃー」とは自虐的に他県を意識してゆぅ人もおるが本来使わない。

 

「さばくる」愛知全体で使うよ。

 

「ふんごむ 」愛知全体で使うよ。若い人は使わんよ。

 

 「だもんで」「んーなもんだん 」は愛知弁だとおもっとったら

違うの?。もっと広範囲?。

 

「ケッタ」自分使ったことがないのです。

 

「やん」の使用範囲が分からん。

少なくとも、尾張北部や三河地方では何度かきーとる。

 

西三河で聞く言い方「馬鹿やん」「負けとるやん」など。

「やん」もっと調べてみます。

若者が逆に使わない?

 

少なくとも自分が子どもの頃に既に「やん」という

言い方が存在しとりました。

愛知県西部に元々存在してた訛りなのかはわかりませんが。

 

 

ウィキぺディア見とったら三河で「ずら」と使う地域があるらしい。

多分間違いですね。静岡西部でも聞いたことないですね。 

 

 

名古屋市周辺の訛り

名古屋市周辺は愛知県の中でも特に訛りが独特で愛知全体が名古屋弁だと思われる事を嫌がる名古屋市以外の地域の愛知県民も多い。

名古屋市周辺は特にイントネーションが独特である。

尾張北部と名古屋弁は明らかにイントネーションが違い三河弁や知多弁も本来はイントネーションが違う。

ただ、最近は名古屋弁の影響で他の地域も名古屋弁っぽくはなってきている。

 

西?東?

愛知県が西日本方言か東日本方言かはっきりしていないようだけど東海方言じゃだめなのか?。

それにしても九州弁は西だとおもいましたがこれも違うらしいです。

自分のイメージでは喋り方を聞いていると静岡西部の遠州のその西部までは西日本の言葉に思える。(名古屋イントネーションを除いて。)

 

 

名古屋弁のイントネーション

名古屋弁のイントネーションだけは止めてほしいですね。

名古屋市と岐阜市はなんか同じ様な訛り。

あと岡崎も最近名古屋弁化してきた。

岐阜市はあの名古屋訛りが岐阜市のイメージを落としているようにも思う。

名古屋弁の人すいません(_ _ )

でも、河村たかし氏の訛りを聞いて、誰もカッコイイとはおもわんだろう。

 

 

 

誰も興味ない愛知弁をもっと知ろう^^

「お前 ついて来い。」愛知弁で言うと?

上方名古屋弁 おんし ついてこいや。  

名古屋弁 おみゃー ついてこりゃー。

三河弁 おんしゃー(おんし) ついてこらっせ。

 

 

 

 

 

ガチンコ大検ハイスクールで学ぶ上方名古屋弁

ガチンコ大検ハイスクールに出られてた

佐々木さんって人、上方名古屋弁ですよね?。

岐阜弁かな?。

 

上方名古屋弁?、カッコイイ^^。

佐々木さんの出ているとこだけリンク貼りました。

批判的な意味でなないがやらせだとわかっていても見てしまう、

演技力の高さもすばらしいです。

 

なんか、名古屋弁だけカッコよくない^^。

いや、意図的に名古屋っぽくするからカッコわるいんじゃないか!?。

ステレオタイプを態々誇張しなくてもいいようにおもう。 

 

 

 

 

書き忘れましたがこのページは基本、

自分の知ったかぶりなので 間違っててもゆるしたらっせ。

基本テキトーですので、間違っている可能性も高いです。

 

愛知弁を本気で調べてみようと最近思うようになりました。

これから少しずつ調べて載っけて行きます。

瀬戸弁

リンク

瀬戸弁事典 

 

東三河弁でしょうか。豊橋弁でしょうか。聞きなれない言葉がたくさん出てきます。

リンク

http://www.pref.aichi.jp/koho/feeling/hogen/mikawa.html

 

名古屋弁 

リンク

http://www001.upp.so-net.ne.jp/shino-3/nagoyabeasy.html

おおきに?

三河弁の実際。

このページの編集者が撤退してしまったので、少し趣向を変えてみます。

ネットの間違い情報を正す意味でも、また、三河弁を知っていただく意味でも

このページを実りあるものにする為にも、書いていこうと思います。

主に西三河で実際に『使われている』『使われていない』言葉を載せます。

 

 

まず、年配の方が普通に使っている言葉。どうも議論の対象になる事があるようです。

 

主に西三河西部の言葉と考えてください。

「ツコートル」「おーへん」「あーへん」「やっとーへん」「こーてくる」。普通に使ってます。

「じょーかう」「そんなんしたらカンヨー」「ござる」普通に使ってます。

「いっとる」「ゆーとる」「ゆっとる」「ゆうとる」全て使います。

「やん」自分が子どもの時に既にありました。「お前バカやん」「ドベやん」など。

「だら」「だらー」普通に使います。若者も。

 

 

使っていない言葉。

「こりん」「あいんこりん」など。実際は「こらっせ」「あいんおいでん」など。

「まぁええてー」は使わない。「まぁ」を付けずに「ええて」「ええわ」などは使っている。

「だに」「に」「らー」は西三河では使いません。「ズラ」も同様に。

 

 

イントネーションの話。

最近のナゴヤ弁のイントネーションの汚染は凄まじく、

若者の喋り方がナゴヤ寄りになってきています。

本来、ドスの利いた喋り方の三河弁が、酔っ払いの喋り方のようになってしまいました。

それはそれで良いと思いますが、

本来の三河弁の伝統的な喋り方は、豪快で、キタナイ言い回しであると思うのです。

それが失われていくのは悲しいことです。

三河弁のイントネーションは元々は広島弁などに近いそうなのですが。

 

 

 

 

これ以上ナニ書いたらいいのかわからん。